教育は、世界に共通できる内容も多く存在しています

 学習できる機会が与えられている国では、各国で授業風景などにも違いがあります。
こどもの個性を伸ばしていくためには、手間が掛かる事もありますが、できるだけ特性を尊重したやり方が望まれます。
 世界の中でも、アメリカの教育方法を例にとってみると、小さなこどものうちから先生を取り囲んで話を聞き、自分の意見を述べる機会が与えられます。
成長するにつれて、ディベートなどでも周囲と意見を交える事が理想的な形となっていきます。
これは、必ずしも、全員が、大勢の人を前にして自分の意見を堂々と言える様になる事を意味している訳ではありません。
 大勢の人を目の前に、自分の意見を述べる事に緊張感を覚えたり、躊躇してしまう人もいます。
しかし、小さいうちから、自分の意見を述べれる機会が多く存在している事は、こどもが社会に巣立つ時にも有益な教育です。
人は、一人では生きていけません。
何かしらの社会との繋がりをもった生活が必要になります。
これは、世界に共通した事ですので、自分の意見を話し、人の意見を聞ける様になる事は、人とのコミュニケーションにおいても役立ちます。
健常者に限らず、学習能力に欠けるこどもには、対応できるシステムも必要になります。
 現在、日本においても、教科書と指導者が主体となった授業風景に、変化が見られつつあります。
教育の世界にも、柔軟な体制をもって臨む事が求められています。

教育は、世界に共通できる内容も多く存在しています
世界から見た日本の教育
こどもがこどもらしくいられる教育が理想です。
世界の教育問題が、グルーバル化の経済を左右する問題へ