世界の教育問題が、グルーバル化の経済を左右する問題へ

世界の中には、貧困によって教育を受ける事が出来ない子供達が多くいます。
その子供達が成人をしても、高い給料の職業には付けず、貧困の中で子育てを行なって行く必要性が出てきます。
つまり、貧困と言う鎖から抜け出せない状態が生まれて来ます。
貧困で無い方にも影響を与える可能性がありまして、貧困の方が収入が少ないと言う事は、様々なサービスを利用する事も制限されるため、経済が悪化をしてしまう可能性が高くあります。
特に、日本は、少子高齢化時代へ入って行く事で市場が狭くなり、海外に需要を求めて行く必要性が高くなります。
日本は、積極的に世界の貧困に対して手を伸ばし、子供達の教育を支援して行く事が重要です。
貧困による世界の教育について対岸の火事の様に思ってしまう日本人が多くいますが、その火の粉は、自分自身にかかってしまう事も考える事が大切です。
そのため、多くの日本人が、今出来る事を手を伸ばし貧困の国々の経済発展を高めて行く事が大切です。

教育は、世界に共通できる内容も多く存在しています
世界から見た日本の教育
こどもがこどもらしくいられる教育が理想です。
世界の教育問題が、グルーバル化の経済を左右する問題へ